卒業生の声

TOP卒業生の声 > 澤田 幸佑

澤田 幸佑

KBBでの活動を振り返って

KBBの参加を決意したのは大学1年の冬のころ。ちょうど、なにかに熱中したい!と思えば思うほど不安と焦りを感じる時期でした。元から将来の夢は政治家。「よりよい社会を創る」という大きな志を抱いていましたが、それを大学でどう具現化するのかを悩んでいた時期です。そこで、ひょんなキッカケからたどり着いたのが「起業」でした。しかし、残念なことにビジネスに関しては右も左も分からない、完全なる無知状態。だからこそ、自分に大いなる成長を与えてくれる厳しい環境を欲していました。そこで見つけたのがKBBでした。説明会で運営事務局のみなさんの「熱意」と自らの成長の「可能性」を強く感じ、すぐに応募を決意。今振り返ると、約半年という長いスパンで、社会の第一線で活躍されている講師の方々からの厳しくも優しくもある実践的なブラッシュアップを受け、高いレベルの仲間と切磋琢磨でき、自分と本気で向き合い、勝負出来た、KBBは右も左も分からなかった僕にとって、最高で最大の成長のフィールドでした。



これからの目標とは

僕の最大の目標は、志を持った人材を育み、社会を突き動かすことです。これからの課題先進国、日本には「夢」をもった人材ももちろん必要ですが、利他の精神を含む「志」を持った人材こそが求められています。そういった人材を育みたいです。・・・と大きなことを言っていますが、まずは高校生を対象とした。教育ベンチャーを立ち上げ、自分の志を現実的に一歩一歩、確実に実現していきます。



KBBへ挑戦される方へ

KBBは本気で頑張っている人には知恵やお金など起業に必要なもの全てを与えてくれます。さらに、なにかに一歩、踏み出す勇気をもくれます。まさに今これを読んでいるあなたが、少しでも現状に満足していない学生なのであれば、KBBに挑戦する価値が大いにあると思います。人生はNoattack!Nochance!です。このチャンスを活かしてほしいと強く思います。