卒業生の声

TOP卒業生の声 > 宮本 大輔

宮本 大輔

KBBでの活動を振り返って

生きる力を得ました。KBBに挑戦する前の私は夢も追わず、留年し、女に振られ、友人にも呆れられるダメ人間。こんな男が捨てきれない夢を目指し挑戦したKBB。憧れ・志・チャンスを頂いた金山社長。様々な面でご指導ご鞭撻を頂いた事務局の皆様。志を共にするライバル4期生。無知・無能の知を教えて下さった素晴らしい講師の方々。無知・無能の知を学ぶことは怖い事ですが、知ることで生きていくため、夢を実現するために何をすれば良いのかが見えてきます。見えてきたものを行動するだけ。このKBB4期生としての時間が今後の会社経営の私の土台です。金山社長をはじめ、運営事務局の皆様、そして共に過ごした4期生のみなさんにとても感謝しています。これからも宜しくお願い致します。



これからの目標とは

長期目標は「人々から必要とされ、生活の一部になる会社を創ること」と言っても突然そんな会社は創れないので1歩ずつ。まずは、現在のサービス(iPhone/androidアプリ コンビニセルジュ)を育て、人から必要とされ、そして収益化する事です。1日でも1時間でも早く(しかし妥協のないよう)進めていこうと思います。私達が創る会社(株式会社Astonare)は自分達が報われるのではなく、周囲の人たちが報われる会社です。



KBBへ挑戦される方へ

目の前のチャンスを掴みにいって下さい。私も説明会の参加前はビジネスプランもなくビビリまくりでした。説明会の参加後もレベルの高さに心が折れそうになりました。しかし同時に、輝いている自分よりも年下の学生を見て、当時と過去の自分に悔しさを覚え、目の前のチャンスにしがみつくように、ほぼ寝ずに準備を進めた結果、4期生として選んで頂きました。上記にあるように、こんなダメな奴が、プランもなかった奴が、必死にしがみついた結果チャンスを掴みました。皆さんにも出来ると思います。