卒業生の声

TOP卒業生の声 > 佐藤 政雄

佐藤 政雄

KBBでの活動を振り返って

私がKBBに応募したきっかけは、facebookの紹介ページからでした。「起業したい!」という強い思いに突き動かされ、すぐに参加を決意しました。その時感じた強い思いは、いつまでも忘れる事はありません。振り返ってみると、KBBでの半年間はこれまでの自分の人生の中で最も濃い半年間でした。時には、かなり骨の折れる課題が課されました。これまで自分が経験したことのない様な問題が幾つも発生しました。しかし今考えると、どの課題も自分のビジネスプランを推敲し、また自分自身を振り返る為にはなくてはならない物でした。今後、新規事業を立ち上げる中で様々な障壁が立ちはだかると思います。しかし、どんな大きな壁が立ちはだかったとしても、KBBで学んだ半年間が糧となり、乗り越えられると確信しています。そんな意味でもKBBの活動に参加した事は、今後の自分の人生にとってかけがえのない第一歩となりました。



これからの目標とは

私の中長期的な目標は大きく三つあります。第一に、KBBで勝ち取ったチャンスを生かし事業を成功させる事。教育というツールを通して、社会に必要とされる真に価値のあるサービスを生み出したいと思います。そのために、自分の人生を賭けて全力で取り組んで参ります。第二に、この事業を通じてさらに価値のあるサービスを生み出していく事。どんな成功にも甘んじること無く、学ぶ姿勢を忘れずに常に高みを目指し続けます。そして最後に、事業を成功させ、経営者としても一人前になった後、KBBに恩返しをしたいと思っています。私は金山社長を人生のメンターだと思っています。金山社長、そしてKBBの運営事務局の方々、同期のメンバーに出会わなければ今の自分はありません。大きく成長させてくれた、そして大きなチャンスを恵んでくれたKBBの活動が今後も末永く続いていく為に何かお手伝いをさせて頂けたらと思っています。



KBBへ挑戦される方へ

KBBの活動に参加する事は、間違いなく皆さんの人生を変える大きな第一歩となる事と思います。金山社長ならびにKBBの運営事務局の方々は、頑張ったら頑張った分だけ真剣にサポートしてくれます。ここまで全力で応援してくれる団体は他には無いでしょう。しかし、その分厳しいことは沢山あります。そこは覚悟をしておいて下さい。生半可な気持ちだとKBBの活動にはついて行けないと思います。最後に、起業を志す人は誰しも自分のキャリアと真剣に向き合う時、不安に駆られる事があると思います。そんな時、人は行動しない理由を探します。お金がない、大学の試験がある、サークルが忙しいなど、行動しない理由はいくらでも作ることが出来るのです。しかし、KBBのモットーは“Action!”です。これから高みを目指したいという人は、迷わずに応募してみて下さい。その小さな“Action”は、起業を志す人にとっては、間違いなく大きな第一歩となるはずです。/p>