卒業生の声

TOP卒業生の声 > 天野 さおり

天野 さおり

KBBでの活動を振り返って

美容分野で起業したいという思いからKBBに応募しました。これまで同じ目的意識をもった学生と交流してこなかった私が、第一回目のプレゼン後にまず陥った感情は“焦り”でした。“井の中の蛙大海を知らず”とは私の事だなと反省したところから、更に勉強意欲を掻き立てられました。全国から高い意識をもった学生が集まるKBBの勉強会は、常に独特の緊張感が保たれています。実際に第一線で活躍されている方々のお話を聞かせて頂いた時は、全身に張り巡らされている糸がピシッと引っ張られるような感覚でした。勉強会で毎回出される課題では、自分で考え計画し、行動を起こして成果を発表します。そうする中で、実際に今のビジネスを始めるキッカケになりました。金山社長はじめスペシャルゲストの皆様、運営事務局の皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。今後精進し、活躍する姿で恩返しできるように努力します。



これからの目標とは

「いつまでも美しいお母さんや、美しい働く女性を世の中に増やしていく」、「メンズグルーミングの発展と普及」この2つが今の夢です。今私は、出張ネイルサロンを運営しており、個人ネイルや各種イベント、サッカー試合会場でのブース運営等、ただ美を提供するだけでなく、その人の境遇やライフスタイルに合ったカタチで、笑顔になれるサービス提供を念頭において活動しています。夢の実現に向けてしっかりとした土台固めをするためにも、今のビジネスで試行錯誤を繰り返さなければなりません。まず目先の目標として、来年には実店舗をオープンさせます。そして、既存のサロン形態にとらわれない美のスポットを創りあげます。支持される理由のある店舗をビジネスとして継続し、成り立たせるには、収益対費用や従業員の組込み方・研修方法等、“メリットを増やしたがためにデメリットがさらに際立った”とならないようにより多くの課題をクリアしていかなければなりません。決まったカテゴリーの中でも常に変化と進化を続けていきます。学生起業を志した日から、すべてが新鮮で、空回りも多々あります。ですが、自分のやりたい事でこれだけ悩み、考えることが出来る今はとても幸せです。これからもずっと今の気持ちを継続させて精進を続け、厚みのある人間になりたいです。



KBBへ挑戦される方へ

10年後はこんな自分になっていたい!というような理想像を抱き、細かく逆算していくとじゃあ今何をすべきか。という単純でも非常に大切な事を、この半年間で私は身を以て感じ、教えて頂きました。結果を出すのはこれからですが、その“今何をすべきか”の選択にKBBでの経験は間違いなかったと既に感じます。ビジネスに関する知識を実践を交えながら学べます。金山社長や運営事務局の皆さんは、私たちを学生ではなく一社会人として扱って下さります。だからこそ、学生だから…といった甘えには厳しく、本気で取り組む人には本気のフィードバックが頂けます。起業を志す方にとってKBBは、大きな成長やキッカケに繋げられるチャンスの場になると思います。