卒業生の声

TOP卒業生の声 > 石﨑 和希

石﨑 和希

KBBでの活動を振り返って

4期生として活動する前、大学主催のビジネスプランコンテストで入賞した経験もあり、自分に自信を持っていました。しかし、KBB4期生として活動していく内に、その自信が非常に儚いものだと感じるようになりました。当然のことですが、本当のビジネスの世界は、学生時代に経験したビジコン程度の世界のように甘くなかったです。はるかに厳しい社会の中で起業をして成功するということがどれだけ難しいかを知りました。そんな厳しい世界をKBBでは知ることができ、その環境下で必死に学ばせていただきながら、起業への強い思いを大きくしていきました。半年間の講習会と海外研修では、講師の方のビジネスを成功させるための活動や成功の秘話など、大学では絶対に教わることのない内容の学習をさせていただき、普通の大学生では体験できないことを経験しました。私自身、学生時代にこのような素晴らしい経験をできたことに誇りを持っています。



これからの目標とは

今回、4期生の中で私は、「出資対象者」に選ばれました。しかし、実際にお金を手にするまでの過程で物事が上手くいかずに、断念をしてしまいました。起業することができるチャンスを断念してしまったことに非常に後悔しており、とても辛い思いをしています。同期の仲間は実際に会社を設立するに至った中で、自身が断念した悔しい思いは本当に悲しいです。しかし、この辛く悲しい思いを引きずり続けるのではなく、負けているという状況下で、絶対に再起して勝って成功するぞという思いを強く持っています。決して諦めずに、もう一度挑戦して成功するまで頑張る人間こそ、本気の起業を目指す人物だと思います。どれだけ失敗しても成功するまで頑張る人間こそ本当の成功者です。その姿を目指しています。私は、効率よく物事を解決できる人間ではないため、根性で強い意志を持ち続け、成功するまで耐えて努力し、成功するまで頑張り続けます。



KBBへ挑戦される方へ

将来、本気で起業を目指している方はぜひ挑戦してみてください。特に、自分のやりたいことを将来の職業にするという想いが強くあり、それを相手に納得させることが可能な心のこもったプレゼンをできる意志がある方は絶対に参加して下さい。というのも、かっこいいから5期生になってみたいという気持ちや、将来やりたいことは特にないけれど勉強だけしたいという方がいた場合、本気で起業を目指しているメンバーに迷惑をかけてしまうからです。本気じゃなければやめるべきです。そして、どこか本意とは異なる、偽りの気持ちがあるが相手に伝えられない場合であっても、嘘をつかずに本心を伝えるべきだと思います。本気な人ほど本心でメッセージを伝えることができ、自然と相手に本気であるという意志がしっかりと伝わります。嘘をついても結局は見抜かれるため、本気で起業を目指している方は大歓迎です。皆さんの熱いチャレンジをお待ちしております。