卒業生の声

TOP卒業生の声 > 公受 裕樹

公受 裕樹

KBBでの活動を振り返って

KBBでの活動を振り返り一言で表すと、【私の人生が変わった、分岐点となった大切な半年間】です。当時、医学の道を進むことに疑問を感じていた私の耳に飛び込んできたのがKBBでした。約半年間、広い世界を見せて頂きながら、多くのことを学び経験し、試行錯誤して最終的には医師を目指すことを決断しました。KBBに参加していなければ、おそらく医師の道をリタイアしていたと思います。KBBは大変良い距離間でサポートしてくれます。一ヶ月に一回行われる勉強会(講演など)でヒントを与えてくれます。しかしその後一ヶ月間は(次の勉強会まで)、KBBの方々からはほとんど関与してきません。つまり、この間は自分で考え、行動していくしかありません。まさに、この距離間がビジネスを進める上で、また自分を成長させる上で、とても重要なポイントでした。そういった意味でも、KBBの方々は私達のことを本当によく考え、サポートして頂きました。



これからの目標とは

まずは、残りの学生生活。しっかりと勉学に励み、必ず医師になります。また、KBBでの活動、経験を活かして、友人と共同で立ち上げた【金沢大学医学部家庭教師グループ】をより質の高いものにしていきます。卒業後は、今はまだ数が少ないですが、今後日本で重要となってくる家庭医、プライマリ・ケアの分野に進むことを目標にし、地域医療に焦点を当てていこうと思います。地域医療に限りませんが、この分野に進むためには多くの要素が必要だと感じています。人間的な優しさ、ビジネス的な思考、アイディア、医師としての技術、精神。どれも欠けてはいけない難しい領域ですが、KBBでの半年間を通して、進むことを決断できました。確かに先のことはまだ分からないですが、冷静さを失わず、自分の足で着実に前へ進んでいきたいと思います。



KBBへ挑戦される方へ

KBB5期生、またKBBに挑戦される方にとって、今後キーワードとなるのは【行動】と【スピード】です。行動するから状況が変化し、現状に歪みができ、予測できない事態、つまり「チャンス」と「問題」が生まれます。何もしなかったら何も起こりません。そして、いかにその「チャンス」をものにし、起こる「問題」を乗り越えていくかが、KBBでの半年間、またその後の人生において重要な鍵となります。どうすればいいか分からない時、考え過ぎる前に動いてください。必ずヒントが出てきます。また、スピードも意識して下さい。半年間はあっという間に終わります。社会で通用するためには、このスピードで、結果を出していかなければなりません。私もこの二つを常に意識しながら努力していきます。一緒にこれからの日本を支えていきましょう。どこかでお会いできるのを楽しみにしています。