卒業生の声

TOP卒業生の声 > 尾澤 元紀

尾澤 元紀

KBBでの活動を振り返って

大学入学からしばらくの間、起業に向けて在りたい姿を模索し、経験を積みながら準備を進めていました。自分の力で行動に移す段階で、プランを多方面からブラッシュアップできそうだったKBBへの参加を決めました。活動を振り返ると、学生の意識を捨て実際にビジネスを始めるという真剣勝負の中で、自分自身や社会と向き合う非常に良い機会に恵まれたと感じています。繰り返し行う深い思考はストレスのかかるプロセスですが、乗り越えることでより一層プランが明確になっていきます。また、自分の詳しい業界以外での活躍を志すメンバーとの出会いや、運営事務局の皆さんの手厚い支援の下、多くの刺激や学びがあり、約半年間の活動で得られたものは知識以上の成長でした。



これからの目標とは

一番大事にしたい目標は、常に創造的な仕事ができるように、チーム全体でクリエイティビティを追求していくことです。IT業界は変化が非常に速く、サービスも溢れるように誕生していく中で、当然のことながら「人が欲しがるもの」を作らなければなりません。そのためには、顧客の立場になって問題を解決する創造性が求められます。これは言うより何倍も難しいことですが、思考と実践を繰り返して力を身につけようと思っています。 より具体的な目標としては、早期に開発を終えてサービスをリリースし、顧客からのフィードバックを元に改善することでサービスの最適化を図ります。丁寧だけれどもスピーディーな姿勢を忘れずにありたいです。



KBBへ挑戦される方へ

まだまだ人に何かを言える立場ではありませんが、起業を目指しているのであれば、一度自分の信念や哲学を深く考えてみると良いと思います。自分の中に明確なものがあれば、困難にぶつかっても乗り越えられるでしょう。漠然としているのであれば、出会う支援者や仲間、ライバルから多くを学べば良いと思います。 そして、諦めずに考え抜き、実際に行動できる人財であれば、KBBは真に貴重な体験の場を用意してくれています。社会では暗い話題ばかりが蔓延しています。打開するのは志のある若い世代です。共に自分の志を大事にしながら価値を生み出していきましょう!