卒業生の声

TOP卒業生の声 > 上野 雅祐

上野 雅祐

KBBでの活動を振り返って

他のメンバーがKBBについて思うところを伝えていると思うので、私は、他の起業支援団体と比較したKBBの特徴について述べたいと思います。1回のプラン発表で終了という他のビジネスコンテストと異なり、半年間に渡り、事務局の方や経営者の方の話が聞けて、手厚く支援いただける点が最大の特徴だと思います。その分課題や、社会的問題に対するレポート、ディスカッション等もあり、大変だとは思いますが、起業するしないに関わらず役に立つのではないでしょうか。更に当然の事ながら、学生ではなく社会人として扱われる為、ビジネスマナーについてもある程度は学べると思います。又、所属している他の起業支援団体とは異なり、奨学金が無条件にもらえるのではなく、プランが優秀と認められなければ出資して頂けない為、その分志が高いメンバーに恵まれたと思いましたし、毎月の勉強会で食を共にするので絆も深まると思います。総合的には終了後も関係性が継続するという事、自らが積極的に働くほど支援して頂ける環境で起業や経営について考えられるという事はとても魅力的なプログラムであり参加して良かったと実感しています。



これからの目標とは

獣医療という医療面と、ビジネス面の両立ができる事が最大の目標です。一見、相反するようにも思える医療とビジネス、しかしながらビジネスの面が成り立ってこそ、公平で、時には融通の利き、飼い主さんに対して満足のいく医療が提供できると考えています。その為、残された学生時代中には所属している研究室での研究活動に邁進する事、そして成果を論文として発表する事で医療面への貢献を。又、今現在ミッションとして掲げている「ペットビジネス、飼い主、獣医師の三者の連携」を事業として形にする事でビジネス面に貢献したいです。達成するのには恐らく、ものすごく時間がかかると思いますが、常に意識に置く事により、最終的には十分な環境の下で飼い主さんが望む適切な医療を提供できる獣医師になれると考えています。



KBBへ挑戦される方へ

最も伝えたい事は、自分が現在置かれている状況に関係無しに挑戦して欲しいという事です。私も獣医業界という特殊、せまい業界を専攻としていて、周りの友人は一般企業の就職活動も行わないし、ましてや起業という考えには及ばない人ばかりであったので、既存の環境から歩を踏み出す事は困難ではありました。しかしながら、業界内に固執しないで視野を広げる事で初めて見える事があると思いますし、又成長できる環境を提供してくれるのがKBBにはありますので、是非とも挑戦してみて下さい。