卒業生の声

TOP卒業生の声 > 矢島 里佳

矢島 里佳

KBBでの活動を振り返って

東京都の「学生起業家選手権」にて優勝し、起業をしようと準備をしていたときにKBBにお会いしました。やはり、ビジネスコンテストと現実は大きく異なり、実際に準備をはじめるとまだまだ甘いところがたくさんあり、もっと勉強なければならないと感じていた私にとって、KBBで学べた事はとても良い経験となりました。また、実際に経営者として活躍していらっしゃる金山社長とお話をさせていただく機会に恵まれた事は、自身の成長につながったと感じています。ご多用の中、本気で私たちと向き合ってくださり、机上では学べない感覚を学ぶことができました。視野の広さ、力強さ、そして寛大な心を私も大事にしていこうと思います。金山社長をはじめ、運営事務局の皆様、そして共に過ごした2期生のみなさんにとても感謝しています!



これからの目標とは

「子どもたちに日本の伝統をつなぐ」伝統産業の職人が一つひとつ、想いを込めて大切に作ったモノを21世紀の子どもたちの手に届けたい。この想いから、株式会社和える(あえる)は誕生いたしました。伝統産業品は元来、日常品として親しまれ、日本人の感性を幼少期から育んできました。けれども、現在の日本からその姿は少しずつ消えているのが現状です。しかし、弊社代表が全国を回り、実際に見て来た伝統産業は、きらきらとした輝きを失ってはいませんでした。この輝きをもう一度日本に、世界に発信しなければ。「今こそもう一度、子どもたちに日本の伝統をつないでいこう!」この考えに賛同してくださった職人と共に、本物の良さを子どもたちに伝えていこうと立ち上がりました。子どもたちが幼い頃から自然と本物に触れられる環境を創出し、豊かな感性を育み、自国の文化を語れる真の国際人の創出への貢献を目指します。



KBBへ挑戦される方へ

KBBは、現代社会の中で何かしらの問題を発見し、その解決を試みたいという想いで活動している同年代の仲間がたくさん集まる場です。ですから、起業する、しないに関わらず「社会を変革したい!」という熱き想いをもっている方は、ぜひチャレンジしていただきたいと思います!同年代の志高い仲間と共に切磋琢磨して、活動のスピードを促進し、社会に大きなインパクトを与えてください!