卒業生の声

TOP卒業生の声 > 平山 裕一郎

平山 裕一郎

KBBでの活動を振り返って

本気で物事に取り組んでいる人たちの話を聞けた事が最も勉強になりました。経営者の方が直接、どう考えているのかを聞けるよい機会でした。なによりも感じさせられた事は、物事を成し遂げることには時間が不可欠で、時間が貴重だということを繰り返し考えさせられました。何を解決したいのか、何をしたいのかがはっきりしているのにも関わらず、今そのための次のステップを踏んでいないのは、言い訳をつくって逃げているだけだということを考えさせられました。また、一言で経営者といっても本当に様々であり、価値観も目標も全く異なるのだということを実感として理解できました。私にとって素晴らしい機会だった事はまちがいありませんでした。本当にありがとうございました!



これからの目標とは

はじまったばかりで、どのようなプロセスを踏んで世の中の課題を解決し事業として成立させるかは、急な舵取りが当分は続くと思いますので、具体的な説明は割愛させていただきたく思います。現在、利益もでており、協力してくれる天才的な仲間達がいます(今のところ私以外は社会人だけですが)。しかしながら、世界を席巻するようなインパクトのあるプロダクト/サービスの創造の一翼になりたいと、正気で思っていながら、現在は準備段階にとどまっています。世の中の課題解決のための前進と採算性とのバランスの中で、”いい”事業をします。精進しますのでどうぞ今後ともよろしくお願いします。



KBBへ挑戦される方へ

事業は始めたばかりで、特に言える事もないで、自分自身に言い聞かせている事を書きます。

1.本当に今一番時間を使うべきところに時間を使っているのだろうか
2.都合のいい言い訳をせずに全力を注いでいるだろうか
3.工夫と力技で乗り越えられることから逃げていないだろうか